自由自在にカスタマイズできる自作パソコンの魅力

使いたいオリジナルの1台

必要なものだけを入れる

作業道具

パソコンは家電量販店等で購入するのが一般的でしたが最近は自作パソコンが人気を集めています。自分で作るのは一見大変に感じますが実はそんなに難しくありません。自分の好みに合わせた必要なスペックを兼ね備えたオリジナルの1台を作ることができます。パソコンを使う目的によって希望するスペックは異なります。映像を重視するならグラボに焦点を置き、サーバとして設置するならCPUを強化するなど必ずこだわりがあるはずです。しかし市販品ではなかなかいい組み合わせのものが見つからないことが多いです。ある程度汎用化されている分こだわりには対応しきれないのが現状です。その微妙なポイントを自作パソコンでしっかり解消しましょう。こだわる箇所だけ決めて残りはある程度のスペックのものでそろえても構いません。困ったら専門店の店員さんに相談し、自作パソコンのパーツを取り扱う会社のHPを覗いてみましょう。ほしいものだけ選んで残りはおすすめを選んでくれるサイトもあります。もちろん中に入れるOSやソフトウェアも自分で選べます。使用目的に必要なものだけをいれられるので使わないソフトのアップデートに追われることはありません。自作パソコンは使いたいパーツ、ミドルウェア、ソフトウェアにお金をかけることができます。ミドルウェアやソフトウェアに至ってはフリーのソフトをインストールしても問題ありません。パソコンの価格がいたずらに上がっていくことを防ぎ、憧れのスペックを持った一台を手に入れることができます。

パーツの性能を引き出す

パソコン

自作パソコンを使ってゲームソフトを遊びたかったり、イラストや3Dグラフィックの編集を行いたかったりするのであれば、自作パソコンに搭載するビデオカードの性能にこだわってください。もしビデオカードの性能が不足していると、CPUやメモリの性能が十分であったとしても、ゲームで遊んだり3Dグラフィックの編集が快適に行えない可能性もあったりします。自作パソコンに搭載するビデオカードを選ぶ際には、パソコンのマザーボードや電源が、ビデオカード用の補助電源に対応しているか確かめる事が重要です。マザーボードだけで電源を供給し切れないほど、消費電力が高いビデオカードが増えており、補助電源を使わなければ動作しない製品も少なくありません。同じ型番のビデオカードであったとしても、補助電源ありと無しでは性能が大違いになってしまう場合もあります。ビデオカードの性能をフルに発揮するためにも、補助電源を利用できる自作パソコンを作り上げてみてください。CPUとビデオカードの性能をフルに発揮するために、自作パソコンに搭載するメモリのアクセス速度にもこだわりを持たなければいけません。アクセス速度が不十分なメモリでは、アプリケーションの起動が遅くなるだけでなく、ゲームの動作が重くなってしまう事もあります。容量が多ければメモリはどれも同じだと考えず、メモリの性能にこだわりながら自作パソコンを作る事がおすすめです。3Dグラフィック編集を目的に自作パソコンを作っている人は、多すぎるのではないかと感じるぐらい、大容量のメモリを購入しておいても無駄にはなりません。

おすすめのパーツ

男性

自作パソコンは何千通りや何万通りのパーツの組み合わせから自分好みのパソコンを作ることができます。自作パソコンを作るときのおすすめのパーツはCPUです。CPUはパソコンの頭脳となるパーツとなるため欠かすことができません。CPUは性能がよいものが一番おすすめです。マザーボードは種類がいくつかありますが、ATX規格のものがおすすめです。省スペースの自作パソコンを作るときにはATX規格を小型化したものもありますが、拡張面が劣ります。自作パソコンといえども長く使うことになりますので、マザーボードを選ぶときにはさまざまなパーツで対応できるものを選ぶことが大切です。また、マザーボードは使うCPUによって種類が異なります。メモリは搭載し過ぎず8GB程度で十分ですが、ゲームをよくする場合や仮想PCに利用したいときには16GB搭載することがおすすめです。メモリは不足したら拡張することにして一般的には4GBを2枚程度で十分です。グラフィックボードは高性能ながら低下が安くなっています。慎重に選ぶことなく2万円程度のグラフィックボードで十分です。記憶媒体はHDDよりもデータ処理速度が速く、発熱や音が少なく、衝撃にも強いSSDがおすすめですHDDを使って組んでから、SSDを使うと手間がかかるため、はじめからSSDを利用した方がおすすめです。ドライブはDVDを選んでも数千円で購入できますが、最近はブルーレイが広く利用されています。搭載するときにはブルーレイの読み書きができるものがおすすめです。電源は容量が少ないと動きが不安定になり、始動することができないこともあります。余裕があるものを選ぶことがおすすめです。OSはwindowsの方が使いやすいですが自分の好みで選ぶことがおすすめですし、パソコンケースや周辺機器も好きなもの選んで購入することがおすすめです。

まず知っておきたいこと

パソコン操作

自作パソコンとは、さまざまなパーツを全て自分で選び、自分で組み立てることを指すものであり、比較的簡単に作ることが可能です。そして自分の目的に応じたスペックのパソコンが作れることや、パーツ交換などが簡単にできるといったメリットがあります。

もっと読む

使いたいオリジナルの1台

作業道具

自作パソコンを選ぶと、必要なパーツとミドルウェア、ソフトウェアだけを使うことができます。使わないパーツにお金がかかったり、使わないソフトのアップデートに追われることはありません。限りある予算でほしいスペックを手に入れるにはお勧めの方法です。

もっと読む

PCを作ってみませんか

パソコン

自由度が高いパソコンとして、自作パソコンが注目を集めています。メーカー製のパソコンとは違い、自身でパーツを購入して作成します。近年は、自作パソコンの専用キットも販売されているので、初心者におすすめです。

もっと読む