自由自在にカスタマイズできる自作パソコンの魅力

まず知っておきたいこと

割と簡単に作れる

パソコン操作

パソコンは、メーカーが製造したものを購入するのが普通ですが、一方で自作パソコンと呼ばれるものもあります。自作というと、ハンダ付けをするなど、一から全て作るというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、基本的には必要なパーツを組み合わせるだけで済みます。必要なパーツには、PCケースを始め、マザーボードやCPUなどがあり、これらのパーツを組み合わせることでパソコンを作り上げます。なので、プラモデルを作るのと大して変わらないような気軽さで作れると言えますが、プラモデルとの違いは、パーツを全て自分で選ばなければならないということでしょう。ですので、ある程度の知識が必要になりますが、自分で作り上げるという楽しみを同時に味わえるというのも、自作パソコンの醍醐味だと言えます。そして自作パソコンをあえてやるメリットとしては、「自分の目的に応じたスペックのパソコンが手に入る」ということが挙げられるでしょう。メーカー品のものは、既に決められたモデルのものから選択しなければならないため、自分の目的に合ったスペックのものが見つからない場合があります。その点、自作パソコンであれば、自分の欲しいスペックに合ったパーツを自分で選べるため、希望通りのパソコンを作ることができるというわけです。それに自作パソコンなら、スペックに満足できなかった場合でも、自分で作ったパソコンなのですから、パーツを交換したり増設したりすることも簡単にできるでしょう。

予算と性能の兼ね合い

ノートPC

自作パソコンを製作するためには、パーツを調達しなければいけません。一世代前のパーツは価格が控えめで、最新のものほど高額となります。そのため、パーツの選び方によって自作パソコンの費用は大きく変化します。パソコンの起動や操作の速度を左右するSSDは、価格によって性能が異なります。最も安価な6千円のものは、記憶できる容量が少ない上、速度も安定しません。一方で2万円前後のSSDを組み入れると、パソコンは驚くほど軽快かつ安定的に動作するようになります。このようにパーツに費やす予算に応じて自作パソコンの性能が決まります。例えばインターネットや文章作成といった、単純な作業しか行う予定がないのであれば、性能の高いパーツは必要ありません。だいたい3〜4万円程度の費用で製作が可能です。逆に動画の編集や負荷の掛かる作業を行うのであれば、パーツは性能を重視して選びます。費用は5〜10万円くらい掛かる場合もあります。さらに高度な3Dゲームを快適にプレイしたいのであれば、20〜30万円ほどの費用がかさむでしょう。しかしこれくらい高額なパーツを使って組んだ自作パソコンであれば、やりたいことはすべて実現できるほど性能は高いです。ただ、一般的な多くのユーザーに評判が良い価格帯は、3〜4万円ほどで構成できる自作パソコンです。文章作成などの軽作業を快適に実行できる上、動画の視聴や撮影した画像の閲覧もスムーズに行うことができます。全体的なコストパフォーマンスが最も高いと言えるでしょう。

ケチってはいけないパーツ

女性

これから自作パソコンを組み立てようと予定している方は、不満が残らないようにしっかりとパーツ選びをしていることでしょう。その場合はCPUやビデオカードなど性能に直接関係するパーツを重点的に考えて、自作パソコンの構成を考えているかもしれません。確かに、それらの機器はとても重要なのですが、電源という必需品のこともきちんと考えてあげましょう。どんなに素晴らしいパーツを揃えたとしても、電源がなければ動きませんので、とても重要な部品だということがわかるはずです。電源の選び方がわからないのなら、まずは設定されている容量をチェックしてみましょう。500ワットや1000ワットなど製品によって設定されている数値が違い、組み立てる予定の自作パソコンを十分にまかなえる容量が必要となります。CPUやビデオカードなどのパーツには電力の消費量が設定されているため、すべてを合計して、それを上回る電源を購入しましょう。なお、容量がギリギリの電源でも動作はするのですが、安定性や今後にパーツを増設することを考えるなら、余裕がある製品を購入したほうが無難です。また、電源の品質にはグレードがあって、それを明確にするためにブロンズやゴールドなどの規格が設定されています。どれを購入すればよいか迷ったのなら、一番上等なゴールドを購入しておけば間違いないでしょう。理想的な自作パソコンを作りたいなら、品質のよい電源の存在が不可欠なのでしっかりした選定を推奨します。

まず知っておきたいこと

パソコン操作

自作パソコンとは、さまざまなパーツを全て自分で選び、自分で組み立てることを指すものであり、比較的簡単に作ることが可能です。そして自分の目的に応じたスペックのパソコンが作れることや、パーツ交換などが簡単にできるといったメリットがあります。

もっと読む

使いたいオリジナルの1台

作業道具

自作パソコンを選ぶと、必要なパーツとミドルウェア、ソフトウェアだけを使うことができます。使わないパーツにお金がかかったり、使わないソフトのアップデートに追われることはありません。限りある予算でほしいスペックを手に入れるにはお勧めの方法です。

もっと読む

PCを作ってみませんか

パソコン

自由度が高いパソコンとして、自作パソコンが注目を集めています。メーカー製のパソコンとは違い、自身でパーツを購入して作成します。近年は、自作パソコンの専用キットも販売されているので、初心者におすすめです。

もっと読む