自由自在にカスタマイズできる自作パソコンの魅力

理想のパソコンを作るなら

拡張性に優れている

PC制作

パソコンを購入する際は既製品を選ぶ人も多いですが、なかなか希望に合うスペックのものが見つからないと感じている人もあるのではないでしょうか。できるだけ理想のパソコンを持ちたいという場合は自作パソコンに挑戦してみることもおすすめです。自作パソコンというと難しいイメージがありますが、パソコンの仕組みを知る良い勉強ともなります。また、好みのパーツを組み合わせて作っていくことができますので、ゲーム用などのハイスペックなパソコンなど、それぞれの目的や用途に合ったパソコンを持てるのは既製品はない魅力です。自作パソコン用の部品は専門店でじっくり選ぶのも良いですし、通販なら自宅でいながらにして手軽に目的のパーツを入手できるのも便利です。そして既製品のパソコンの場合は拡張性があまり高くありませんが、自作パソコンは拡張性に優れていますので、どんどんカスタマイズしていくこともできます。故障した場合も修理に出すことなく、部品の交換なども自身で行うことができます。既製品のパソコンが壊れた場合は故障した原因がわかりにくい傾向にありますが、自作の場合なら本人が作っていることもあり、故障や不調の原因もわかりやすい傾向にあります。場合によっては既製品を購入するよりも高くなる可能性もありますが、自作パソコンの場合は少しずつパーツを変えてバージョンアップしていくこともできます。また、パソコン一式を買い替える必要がありませんので、長い目で見るとコストパフォーマンスも決して悪くはありません。

独自に作れる

ノートPC

自作パソコンというと難しそうな感じがしますが、大まかなやり方さえ把握していれば簡単に作れます。自作パソコンは必要な部品を購入し、自分で組み立てるという手間が発生します。しかし、この必要な手間がむしろメリットとなるのです。市販のパソコンは大手家電メーカーから毎年次々新しいモデルが登場します。また、長い期間使い続けたら性能もどんどん消耗していきます。修理できなければ買い替えとなりますが、高価なパソコンを何回も買い替えるには高い費用が掛かります。自作パソコンは一度作ってしまえば買い替えの必要がありません。パーツ毎に対応すれば愛着をもって半永久的に使用することが出来ます。その人に合ったカスタマイズも可能なのが自作パソコンの魅力です。市販のパソコンは、サイトを閲覧するだけの人からソフトを使い込む人までを様々なニーズに応えています。その分、必要ない機能や使わないソフトも入っていることでしょう。その点、自作パソコンなら全てのパーツを自分で組み合わせるので好きな目的に合わせられます。例えば、オーディオや映像に特化したパソコン、ゲームに利用するパソコンなど組み合わせは自由自在です。市販のパソコンでは行いないことが行えるのです。また、部品を組み合わせても費用は数万円ほどと安くできてしまうのも特徴です。コツをつかんでしまえば機械が素人の人でも便利なパソコンを作れるでしょう。部品はインターネットの通販サイトで販売されています。

使用目的を考える

男性

自作パソコンを作るときに大切になのが、使用目的をはっきりとさせることです。例えば、文書を作成してネットサーフィンをする程度なのか、ネットゲームやグラフィック編集をするのかによって大きく変わってきます。もちろん、自作パソコンの性能が高いほうが活用の幅が広がりますが、その分総製作費も高くなるため、予算とも相談をしながらスペックやパーツを決めることがポイントです。まずは、自作パソコンを作るうえで重要なCPUのスペックを決めます。CPUが処理の速度を左右する部分でありとても大切です。安くあげたいのであればcorei3ほどを選びます。このスペックでも文書やネットサーフィンなら十分に処理しきれます。そして、グラフィック処理などをするのであれば、コアi5以上にすることが必須です。それに加えて、グラフィックボードも装着することが必要です。簡単な処理だとCPUでもできますが、高度な画像処理をする場面では専用のグラフィックボードが必要となります。次に、メモリーやハードディスクを選ぶことになります。メモリーは一度に処理できる内容を左右する部分であり、できるだけ容量の大きいタイプを選ぶことがポイントです。一般的には4GB以上を選んでいます。ちなみに、グラフィック処理をする人は8GB以上にしています。そして、CPUやメモリーを装着する貯めにマザーボード選ぶも大切です。対応しているものを選び、相性なども調べることが必要です。そして、自作パソコンの場合、後から拡張できるため、自分の用途に応じてグレードアップしたり、カスタマイズができたりするというメリットがあります。

まず知っておきたいこと

パソコン操作

自作パソコンとは、さまざまなパーツを全て自分で選び、自分で組み立てることを指すものであり、比較的簡単に作ることが可能です。そして自分の目的に応じたスペックのパソコンが作れることや、パーツ交換などが簡単にできるといったメリットがあります。

もっと読む

使いたいオリジナルの1台

作業道具

自作パソコンを選ぶと、必要なパーツとミドルウェア、ソフトウェアだけを使うことができます。使わないパーツにお金がかかったり、使わないソフトのアップデートに追われることはありません。限りある予算でほしいスペックを手に入れるにはお勧めの方法です。

もっと読む

PCを作ってみませんか

パソコン

自由度が高いパソコンとして、自作パソコンが注目を集めています。メーカー製のパソコンとは違い、自身でパーツを購入して作成します。近年は、自作パソコンの専用キットも販売されているので、初心者におすすめです。

もっと読む